このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 店舗側から見た場合と利用者側から見たメリットとデメリットとは?

店舗側から見た場合と利用者側から見たメリットとデメリットとは?

106view

2018.01.24

クレジットカード払いのメリット

現金を用意する必要がないので、小銭でお財布がパンパンになることもない

現金を用意する必要がないので、お財布がパンパンになることもなく、お釣りをもらった際のやり取りで間違いが起こる心配もありません。多額の現金を持って買い物に行くことは少し物騒かもしれませんが、クレジットカードであれば、いくら現金を持っているのかを知られることなく、ショッピングを楽しむことができます。

また、予想外の出費であっても、クレジットカードが利用できるところであれば、わざわざ銀行でお金を下ろすといった手間も省けます。

ネットショッピングの利用が簡単で、着払いや振り込みのわずらわしさがない

クレジットカード番号を登録しておけば、2回目以降その入力を省くことができ、また、代引き手数料や銀行振込手数料などの心配もありません。欲しい商品を手軽に手に入れることができますし、時間短縮にもつながります。

ネットショッピングでは、代引きができないといったお店も見られますが、クレジットカードが利用できないといったお店はほとんどありません。ですから、ネットショッピングにはクレジットカードを利用する方が最適です。

ポイント還元などのサービスを受けることが可能

クレジットカードの利用額に応じて、その特典を受けることができます。例えば、空港のラウンジを利用することができたり、ガソリンスタンドでリッターあたりの価格を値引きしてもらえるなど、クレジットカードを利用しているからこそ、得られる特典が満載です。また、カードを利用した買い物の総額に応じて付与されるポイント率も変わってきますから、より多くの買い物で利用する方が、ポイント還元率は高くなります。

データが残るので家計の管理が大変ラク

クレジットカードを利用すれば、必ず明細が発行されます。最近はWEB明細が主流となっており、紙による明細を発行しないクレジットカード会社まで、登場しているほどです。また、余分なレシートは破棄できるため、お財布の中もすっきりと保つことができます。WEB明細は、ほぼリアルタイムで更新されますから、いくら利用しているのかなど管理がしやすいのも特徴です。

国際カードなら海外旅行にとっても便利

海外では、現金を利用しようとすると、両替をしなければいけません。もちろんレートによっては得をすることもありますが、渡航先の国によっては、多くの札束を所持しなければいけない場合も発生します。このような場合、安全性から考えると危険度が高いといえます。

また、クレジットカードを利用して買い物をした場合は、その商品に対しては補償がついてきます。万が一、自分が買った商品が盗難にあったりしても、その分は保険でカバーできますので、海外でも安心して買い物ができます。

一括払いなら手数料は必要ないことがほとんど

今手元に現金がなくても、クレジットカードを利用して支払えば、多くのカード会社の場合は翌月に引き落としがされます。一括払いであれば手数料はかかりませんので、このタイムラグを利用して、賢く買い物をすることができます。

クレジットカード払いのデメリット

お金を使いすぎることがあるのでしっかりとした管理が必要

明細をしっかり自分で把握しておかなければ、ついつい買い物をしすぎてしまうことがあります。限度額は事故が起こらない限りは、どんどんアップしていくものですから、カードの限度額があるからと言って、使いすぎないようにする必要があります。分割払いやリボ払いの場合は、支払い残高を確認すること、予め限度額を低く設定し使いすぎをしないようにすること、何枚ものカードを所持しないことが使いすぎないためのポイントです。

不正利用に遭遇する可能性がある、でも悪いことだけではない

一番怖いのがスキミングです。紛失や盗難はすぐ利用を停止する措置ができますが、スキミングにはなかなか気付くことができません。もちろん、不正利用に対しては補填されますが、利用者に過失があった場合には補填されないので注意が必要です。

クレジットカードの補償は、買い物に関してはかなり充実したものを準備しています。証明する物、例えば購入時のレシートなどがあれば、全額補償されます。これは現金で購入しては損をしてしまったときには受けられない補償です。このような補償をうまく利用することができるということも、スキミングなどの不正利用だけを恐怖に感じるのではなく、いいこともあるというメリットとして知っておけば、有意義な買い物を楽しむことができます。

現金と比較、クレジットカードを持たないデメリット

信用情報機関に返済実績が記録されない

クレジットカードを利用して、きっちりと支払いを行っている場合は、それが信用情報として履歴に残ります。もちろん、利用していないからと言って信用はできないというものではありませんが、場合によってはローンを組む際に、信用情報がないので不利に働く場合があります。カードによる支払いができているということは、支払い能力があるということにもつながるのです。

ですから、クレジットカードには抵抗を感じる人であっても、1枚くらいは所持していても何かの役に立つかもしれません。しかし、自分が持っているということを忘れて紛失しないようにしましょう。クレジットカードは、購入時のレシートにサインをするか、もしくは暗証番号を入力しなければ利用できません。

しかし、昨今は、拾ったクレジットカードの裏側のサインをまねて、そのカードを利用してしまうという手口も横行しています。その点にはクレジットカードを日頃から利用している人でも注意しておかなければいけません。

クレジットカードは店側にもメリットがあるの?

クレジットカード決済の仕組みを解説

手数料は店側が負担しています。そのため、売上の何パーセントかはクレジットカード会社へ支払っているということになります。このパーセンテージは業種により違いがありますが、低い場合は2%から、多くても5%の範囲内で収まるような設定になっています。

クレジットカードによる店側のメリットとは何

大きなメリットの一つに、多額の釣銭を準備する必要がないということがあります。これは安全性を確保する点からでも、大変メリットになります。また、クレジットカードを利用することができるので、初めは少額の予算で来店したお客様でも、少し多めに購入することができ、結果的に売り上げアップにもつながります。

クレジットカード選びは利用する個人にも店舗にも選択が必要

個人でクレジットカードを利用するときには、まず加入審査があります。この審査にパスしなければ、便利なカードを利用することもできませんし、クレジットカードの特典も当然受けることができません。

選び方は個人の自由ですが、どのカードを選んでも必ずそこには審査があります。

また、店舗側から見ても、クレジットカードの決済端末の選び方がポイントになります。店舗の場合は、決済した際の手数料率がその端末会社によって違いがあり、また業種によっても違いがあります。そういった意味で、店舗側も端末の選び方は慎重にしなければなりません。

しかし、個人でクレジットカードを作る時のような審査は店舗の場合はありません。ですから、自分の店舗では端末を導入しても全く利用しないかもしれない、という心配は必要ありません。単純に手数料だけで選ぶ選び方をしても全く問題はないのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る