このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 買い物好きにお得なクレジットカードの選び方|ポイント還元率で比較

買い物好きにお得なクレジットカードの選び方|ポイント還元率で比較

98view

2018.01.24

クレジットカードの上手な選び方とは?

格安航空券の購入を代表とするネットショップで取扱われているお得な商品が手に入れられるインターネットショッピングは、クレジットカードでの支払いを求められることが多くなってきています。

キャッシュレス化が推し進められ、量販店や飲食店、スーパーやコンビニエンスストアでさえもクレジットカードでの支払いに対応している現在、マストアイテムであるクレジットカードの選び方は非常に重要だといえます。

どこのクレジットカードを選択するかを、自分でしっかり審査することが求められているのではないでしょうか。

クレジットカードの選択基準となるものとは?

クレジットカードを選択する際、最初に決めるべきことは「どのカードブランドのクレジットカードを持つか」です。

現在日本国内ではVISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナース、ユニオンペイの6つのクレジットカードブランドが利用されています。

カードブランドの選び方はさまざまですが、一般的にアメックスとダイナースは審査が厳しく、VISA、マスター、JCBはシェアも大きく使い勝手も良いと言われています。

クレジットカードブランドの中からどのブランドを利用するかを決めた後、クレジットカードブランドが直接発行するプロパーカードにするのか、カードブランドと提携した企業が発行する提携カードにするのかを選択します。

以前は銀行と提携した銀行系カードが多かったのですが、現在はショッピングモールや量販店、航空会社や鉄道会社、消費者金融などの多くの企業がカードブランドと提携してクレジットカードを発行しています。

プロパーカードは審査が厳しく、提携カードは柔軟な審査を行っている傾向にあるといえます。

上手なクレジットカードの選び方は、自分のライフスタイルや使用する状況をシュミレーションしてみて、使用頻度が高そうなところが発行しているものを選ぶのがポイントです。

選び方次第でさまざまな特典を手に入れることができるので「お得感」が出るといえます。

ポイント還元で使ったお金を取り戻せる?

競争が激しいクレジットカード業界では「カードの利用金額に応じたポイントをカード会員に還元する」サービスが常識となっています。

一定量のポイントが貯まるとそれを利用して商品や金券類などと引き換えることができます。

また、電子マネーやプリペイドカードへチャージする方法やキャッシュバックで現金として手元に戻ってくる方法を選ぶことも可能です。

クレジットカードでショッピングの支払いを行っても、一括払いであれば手数料がかかりませんから、現金で支払うよりもポイントで還元されるクレジットカードを利用する方がお得だといえるでしょう。

ポイント還元率の高いクレジットカードとは?

既に紹介したように商品や金券類、電子マネーやプリペイドカードへのチャージ、現金キャッシュバックなど支払いにクレジットカードを使用した場合には一旦使ってしまったお金を取り戻すことが可能です。

どのような形で使ったお金を取り戻すにしても、まずポイントを貯める必要がありますから、還元率の高いクレジットカードを選択することがポイントだといえるでしょう。

そこで注目したいのが「ポイント還元率」です。

クレジットカード会社が公表しているポイント還元率は0.5〜10%と大きな開きがありますが、高還元率のものは対象商品が決まっている場合や、年に数回催されるプロモーション期間限定などさまざまな制約があるといえるでしょう。

一般的に0.5%の還元率が平均的だと考えられますが、1〜3%の還元率を設定しているクレジットカードも存在します。

例えば月額10万円をクレジットカードで支払った場合、還元率が0.5%の場合500円分のポイントしか手に入りませんが、1%で1,000円、2%で2,000円、3%なら3,000円分のポイントが還元されます。

年間ベースに換算すると0.5%で6,000円、1%で12,000円、2%で24,000円、3%で36,000円になりますからポイントの還元率はしっかりと注目する必要があるといえます。

使うほどにお得になる!ポイント還元率は一律ではないとは?

クレジットカードの発行会社にとって、自社のクレジットカードを高い頻度で使用してくれるカード会員は「お得意様」だといえます。

クレジットカード発行企業では、利用頻度が高く年間利用金額が大きなカード会員に対して、通常の還元率よりも高いポイント還元率を提供する傾向にあります。

複数のクレジットカードを使い分けるよりもメインカードを1枚決めて、そのカードに支払いを集約することで、より高いポイント還元率を手に入れることができるといえるでしょう。

また、大手量販店の中には発行するクレジットカードの通常ポイント還元率は0.5%で設定しているものの、ポイントが2倍になるプロモーションを毎月3回、ポイントが5倍になるプロモーションを毎月1回開催しているところもあります。

このようにポイント還元率は流動的であったり、ポイント還元率は固定であってもポイント発行に特典をつけている場合もあるので、使用用途をしっかりとシュミレーションすることが必要なのです。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードとは?

実際にポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードを5つ選んで紹介します。

Yahoo!Japanカード

Tポイントを貯めるのに最適なカードです。通常還元率は1%ですが、Yahoo!ショッピング利用時には還元率が3%にアップします。

還元率:1〜3%

年会費:永年無料

提携ブランド:VISA、マスター、JCB

対応電子マネー:Suica、ICOCA、nanaco(nanaco対応はJCBのみ)

OricoCard THE POINT

通常還元率は1%ですが、オリコモールを利用すればアマゾンでの使用は2%、楽天市場やYahoo!ショッピングでは3〜15%という高還元率を提供しているネットショッピングに強いカードです。

還元率:1〜15%

年会費:永年無料

提携ブランド:VISA、マスター、JCB

対応電子マネー:Suica、ICOCA

楽天カード

通常還元率は1%ですが、楽天市場や楽天ブックスでの利用は4%以上になります。楽天Edyやnanaco、Rポイントカードとの併用で楽天グループ以外での使用でも高還元率を実現できます。

還元率:1〜4%

年会費:永年無料

提携ブランド:VISA、マスター、JCB

対応電子マネー:Suica、ICOCA、楽天Edy、nanaco(nanaco対応はJCBのみ)

イオンカードセレクト

一般的なイオンカードではポイントが付かないWAONチャージでもポイントが付くのが嬉しいカードです。通常還元率は0.5〜1%ですが、既述したポイント倍額のプロモーションを利用すれば効果的にポイントを集められるカードです。

還元率:0.5〜1%

年会費:永年無料

提携ブランド:VISA、マスター、JCB

対応電子マネー:Suica、ICOCA、WAON

VIASOカード

利用代金の0.5〜1%が自動的にキャッシュバックされる便利なカードです。

オンラインショッピングモール「VIASO eショップ」を利用すればアマゾンや楽天市場などの加盟店で最大10%の還元を受けることができます。

還元率:0.5〜10%

年会費:永年無料

提携ブランド:VISA、マスター、JCB

対応電子マネー:非対応

買い物をするほどポイントが貯まるクレジットカードで上手に節約!

「借金はしたくないし、クレジットカードを使うと金銭感覚がおかしくなりそうだから」とクレジットカードの利用に対して抵抗がある方も少なくないといえるでしょう。

支払いを現金で行った場合、返ってくるのはお釣りとレシートだけですがクレジットカードを利用すれば、レシートとポイントが返ってくるのです。

還元されるポイントが1%だとしても、支払いのすべてをクレジットカードで行った場合にこの1%は意外と馬鹿にできない大きさの金額になることはいうまでもありません。

既に紹介したように、利用金額が大きくなれば還元率も上がりますのでますますポイント還元の存在は大きくなるといえるでしょう。

支払うべきものをしっかりと支払った上で、得られるポイントを積極的に集めていくことが上手にお得に暮らしていくことに繋がるといえます。

高還元率のクレジットカードに乗り換えをしてでも、ポイントを集めることを強くおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る