このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 Orico Card THE POINTは高還元率が魅力!

Orico Card THE POINTは高還元率が魅力!

96view

2018.01.24

カード発行後半年間は破格の還元率

クレジットカードの選び方でまず考慮したい点は、そのカードを利用した場合に、どの程度利用者にメリットがあるかという点です。通常、カードを利用するメリットと言えば、利用額に対して一定のポイントで還元されることが一般的ですが、この「Orico Card THE POINT」は、その名称のとおり、ポイントを重視する方向けのカードとなっており、そのポイント還元率の高さは大変魅力ある水準になっています。

とりわけカード発行後の半年間に関しては、カード利用額100円ごとに2ポイントが還元されるという大盤振る舞いになっています。還元率が2%というのは、期間限定のものとはいえ、数多く発行されているクレジットカードの中でも破格の最高レベルといって間違いありません。

そのため、ある程度まとまった額の支出が想定される場合に、その支払い時期に間に合うようにこのカードを発行して利用すると、最大限このカードの魅力を享受することができるということになります。例えば、仮に新居へのお引越しや海外旅行などで50万円を利用したとすると、それだけで10,000円分のポイントが還元されることになります。家のリフォームやハネムーンなどで、その倍の100万円を利用すれば、20,000円分のポイントです。

現金での支払い、または他のクレジットカードと比べても相当お得なのはご理解いただけると思います。ただし、注意点として、カード発行の起算日は、発行会社の審査が終わり、カード発行完了の電子メールが送られてきた日からになります。

カードを発行するオリコは、審査期間は一般的に短めであると言われてはいますが、もちろん人や時期によっては審査の期間が長くなることもありえますので、時間に余裕をもって申し込みをされることをお勧めいたします。

半年経過後も高還元が魅力

カードを発行して半年が経過した後は通常の還元率に戻りますが、その場合の還元率も1%と高いレベルを維持しています。しかも、このポイント付与は、他のクレジットカードでよくあるようなカードの利用ごとの金額に対するポイント付与ではなく、1か月間の請求額全体に対して100円ごとに1%のポイントが付与されることになります。

例えば、コンビニなどで198円の商品を10回別々に購入した場合、利用ごとのポイント付与の場合、1回に1ポイントが付与され、合計で10ポイントを獲得できることとなりますが、1か月間の請求額全体へのポイント付与の場合、月の合計利用金額は1,980円ですから、それに対して19ポイントが付与され、1.9倍のポイントを獲得できます。これはあまり目立たないですが、利用者にとって大変メリットが大きい仕組みです。

また、ただでさえ高還元率の「Orico Card THE POINT」ですが、特定のショップを対象として、さらに還元率を高める方法が存在します。それは、オリコが発行したカードホルダーを対象として、会員限定サイト「オリコモール」を経由してショッピングした場合、ポイントの上乗せ加算がある点です。

しかも、「オリコモール」を経由することによる上乗せポイントに加えて、「Orico Card THE POINT」のカードホルダー限定で、さらにオリコモールの加算ポイントが0.5%上乗せされます。つまり、カードの通常還元率が1%、「オリコモール」経由によるポイントが、お店によりますが最低でも0.5%、「Orico Card THE POINT」限定加算が0.5%で、最低でも2%のポイント還元となります。

この「オリコモール」には、Amazon、楽天、Yahoo!といったおなじみのお店をはじめ、500を超えるお店が加盟していますので、ネットショッピングをされる方は大変お得な仕組みになっています。

ポイント交換先が多彩で使いやすい

還元率と同時に、貯めたポイントが使いやすいかどうかもクレジットカードの選び方として重要なポイントです。たとえ多くのポイントが貯まるカードであっても、使い道が限定されているようなポイントや、普段利用しないようなお店でしか使えないポイントであれば意味がありません。

この「Orico Card THE POINT」で貯まるのはオリコポイントになりますが、これは、例えばTポイント、楽天ポイント、iTunesギフトコード、Amazonギフト券といった、使い道の広い汎用性のあるポイントに交換することができますので、使い勝手は抜群です。ポイントの有効期限は1年間とやや短めではありますが、交換先も幅広い選択肢が用意されていますので、どなたであっても自分がよく利用するポイントに交換できるはずです。

ちなみに、ポイントの交換は、会員専用サイトを通じて行います。この会員専用サイトでは、毎月の請求額の確認、利用明細の確認、獲得したポイントの確認、利用者の個人情報の確認と修正、随時行われるカードホルダー向けのキャンペーンへの応募などの機能があり、カードに関するあらゆる操作がインターネットを通じて完了します。郵送や電話で対応することなく、ウェブサイトだけで完結しますので、忙しい人にはぴったりだと思います。

便利な電子マネーと洗練されたカードフェイス

クレジットカードは大変便利でメリットが大きい反面、決済に少し時間がかかって混雑したレジでは利用することがはばかられたり、例えばコンビニなどの少額のお買い物でカードを出すことをためらいがちという声はよく聞きます。そのため、クレジットカードの選び方として、電子マネーが付帯しているかどうかも大切なポイントとなります。

その点、この「Orico Card THE POINT」には、iDとQuickPayという2つの後払い型の電子マネー機能が標準で搭載されていますので、時間がない場合にも待つことなく簡単に支払うことができます。

電子マネーの場合、カードを専用の端末にかざせば一瞬で決済が完了しますので、クレジットカードは受け付けていないけれども電子マネーでは支払い可能なお店ですとか、レジの前に順番待ちの列ができていて手早く支払いたいというときに、とても重宝する機能です。

しかも両方とも後払い型の電子マネーですので、事前チャージ型のSuicaやPasmoなどのようにあらかじめ金額をチャージしていないと使えないということはなく、使用した金額だけ後からクレジットカード利用分と合算して請求されることになります。そのため、このカード一枚で近所のコンビニにちょっとした買い物にといったことも可能です。

もちろん、iDあるいはQuickPayで支払った場合も、他のクレジットカードでの支払いと同様に、月間の総利用額に対してポイントが付与されますので、ポイントの取りこぼしはありません。また、クレジットカードのデザイン、いわゆるカードフェイスも、クレジットカードの選び方ではポイントの一つとなります。

クレジットカードは、支払い手段であるのと同時に、一定の審査を経て発行されるものですので、その人の人となりや社会的ステータスを測る一つの物差しとしても機能します。例えば、職場や大事な取引先との食事、あるいは大切な人とのデートといった場面で、躊躇なく堂々と出せるカードフェイスはある意味重要です。

一流ホテルでの大事な人との食事の際にキャラクターが全面に出ているクレジットカードを出して恥ずかしい思いをしたという話も時々聞きます。チェックする人は見ていないようでしっかりと見ていますので、こうした点も無視できません。

この「Orico Card THE POINT」は、ブランドはVisa、MasterCard、JCBの3種類から選択できますが、いずれもマットブラックでとても洗練されたカードフェイスになっていますので、使用するシーンも選びません。高級感があって、一見すると、審査の厳しい、いわゆるブラックカードやプラチナカードのような、シンプルなデザインになっています。デザインにこだわる人もきっと満足できるカードです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る