このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 初めてのクレジットカード選び方|年会費無料・有料の違いを解説

初めてのクレジットカード選び方|年会費無料・有料の違いを解説

90view

2018.01.24

初めてのクレジットカードの選び方は?

日常の買い物やネットショッピングなど便利に使えるクレジットカードは、現代の社会生活にはなくてはならない必需品といっても過言ではありません。誰しもはじめてのクレジットカードを選ぶときは悩むものですが、いったいどのような選び方で申し込むカードを決めればよいのでしょうか?

大きな決め手は年会費

初めてのクレジットカードの選び方として大きな決め手になるのが「年会費」です。クレジットカードは年会費が無料のものと有料のものがあります。単純に考えればお金がかからない年会費無料のカードのほうが良さそうに思えますが、年会費有料のカードも年会費以上のメリットがあるものも多く一概に無料がお得とは限りません。

無料カードと有料カード、それぞれのメリットやデメリットを比較して自分の利用目的にあった1枚を見つけましょう。

年会費無料カードのメリット・デメリット

年会費がかからない

年会費無料のクレジットカードの最大のメリットは年会費がかからないことです。当たり前のことですが年会費負担なしでクレジットカードがつくれるというのは大きなアドバンテージです。経済的に苦しくても年会費無料カードなら負担を気にせずつくれますし、決済など基本的な機能に関しては有料のカードと差はありません。

ポイントプログラムも利用可能

クレジットカードには利用金額に応じてポイントやマイルが還元されるポイントプログラムが用意されています。ポイントプログラムの内容はカード会社によって異なりますが、無料カードでもポイントプログラムが利用できるカードが大半です。現金で決済するよりもポイント還元があるぶんだけクレジットカード決済のほうがお得なので、年会費無料で発行できるクレジットカードなら追加負担ゼロでポイント還元の恩恵に預かれます。

海外旅行やネットショッピングでも使える

無料クレジットカードと言っても基本的なクレジットカード機能は使えます。海外旅行やネットショッピングなどでも問題なく使えるので、旅行用やネットショッピング用に初めてのクレジットカードをつくりたいなら無料カードでも機能的には全く問題ありません。

審査基準はカードによって異なる

無料のクレジットカードだから審査が甘い、ということはありません。クレジットカードの審査基準はカードごとに異なり、審査が甘い無料カードもありますが厳しい審査が行われるカードも存在します。無料のカードの場合は最低条件を設けているカードは少なく、申し込み段階で制限されることはほとんどありません。その後の審査に関しては基準を満たせなければ落とされますが、とりあえず申し込み段階では自由に申し込めるカードがほとんどです。

規約改正で有料化される可能性

無料クレジットカードで最も大きいリスクが規約改正による有料化です。無料クレジットカードはカード規約で無料であることを規定していますが、カード規約はカード会社によって自由に変更されます。ある日突然無料が撤廃され有料化されるケースも見られ、最初から有料だったカードよりも高い年会費を請求される可能性も否定できません。

「永年無料」「永久無料」など同じ無料カードでも表現はいろいろです。言葉の解釈としては永年無料のほうが有料化されるリスクは高いですが、永久無料のカードも絶対に有料化されないという保証はありません。

初めてのクレジットカードで将来有料化される可能性まで考えるのは簡単ではありませんが、いつまでも無料であると考えるのも正しい選び方とはいえません。ある程度有料化のリスクがあることも頭の片隅に入れておきましょう。

付帯保険の充実度に注意

クレジットカードには付帯保険という保険サービスが用意されています。付帯保険はカードで決済した場合のみ補償対象になるタイプとカード会員であれば自動的に補償対象になるタイプの2種類がありますが、無料カードの付帯保険はカードで決済した場合のみ補償対象になるものが多く自動補償タイプは少数です。

無料カードの付帯保険も正しく使えば便利なサービスですが、充実した補償内容を求める方にとっては十分な補償内容ではないと感じられる可能性もあります。カード会社によっても補償範囲や保険金額は異なるので、初めてのカード選びのポイントとしてきちんとチェックしておきましょう。

年会費有料カードのメリット・デメリット

年会費有料のクレジットカードは年会費がかかるのがデメリットです。年会費に関しては無料カードに比べて明確に不利ですが、それを上回るだけのメリットがあるからこそ多くの人が有料カードを選んでいるのは紛れもない事実です。

ポイント還元率が高い

年会費有料のクレジットカードは無料カードに比べると還元率が高めに設定されています。クレジットカードで決済することが多く高額利用する人にとっては高いポイント還元率は大きなメリットです。還元率が1パーセント高ければ100万円の利用で還元されるポイントは1万円分アップします。年会費が1万円以下であるならば有料カードを選んでも十分もとがとれる計算になります。

初めてクレジットカードをつくる段階で高額利用する予定があるのならば無料カードよりも有料カードを選んだほうがお得です。

充実した付帯サービス

クレジットカードに付帯するサービス内容も無料カードよりも有料カードのほうが充実しています。特にゴールドカードなど上位ランクと呼ばれる有料カードに関しては明確な差があり、年会費を負担してでも利用したいサービスがそろっています。

代表的なのが専用ラウンジの利用券です。世界の代表的な空港には有料カード会員のみが利用できる専用ラウンジが設置されています。旅行する機会が多く空港を頻繁に利用する人であればラウンジ目当てに有料カードを選ぶ価値があるでしょう。無料のクレジットカードで専用ラウンジが使えるものはありません。

各種割引サービスが豊富

有料クレジットカードには豊富な割引サービスがそろっています。無料カードでも割引サービスはあるものの利用できるシーンは限定され割引率も高くありません。有料カードなら高い割引率に加えて提携店舗も豊富なので飲食店やホテルなどをオトクな価格で利用できます。

クレジットカードをあまり使わない人はメリットが少ない

有料のクレジットカードはカードを利用する人ほどお得でメリットも大きくなりますが、逆に言うとカードをあまり使わない人はメリットが少ないです。ポイント還元率アップもカード決済金額が少なければもらえるポイントは減りますし、割引サービスも好みの飲食店やホテルが対象に含まれていなければ利用する機会がありません。空港ラウンジも飛行機に乗らない人にとっては無関係です。

年会費無料・有料どちらを選ぶ?

目的にあったカード選びが大切

年会費無料のクレジットカードと有料のクレジットカード。どちらを選ぶべきか一概に言い切ることはできません。

クレジットカード選びでは目的にあったカードを選ぶことが大切です。目的にあっていれば無料でも十分メリットがありますが、目的にあわなければサービスの充実したカードでもメリットはありません。

何のためにカードをつくるのか、どんな時に使いたいのかをはっきりさせてからカードを選ぶのが初めてのクレジットカードの正しい選び方です。

とりあえずなら無料カード、目的があるなら有料カード

特に目的はないけれどとりあえずクレジットカードをつくりたい、という人には無料クレジットカードが向いています。無料カードなら年会費がないのでコストゼロでつくれますし、決済手段として使うには何の問題もありません。無料カードをとりあえず1枚つくっておいて、不満や希望が出てきたら有料カードを申し込むという方法もありです。

目的がはっきりしているなら年会費を負担してでも有料クレジットカードをつくりましょう。目的にあうカードが有料ならば年会費を負担してでももとがとれるでしょう。自分なりに決済金額や利用頻度をシミュレーションしてみて、年会費に見合う価値が有るかどうか判断してみると失敗を回避できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る