このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 公共料金の支払い利用に適したクレジットカードの選び方・条件まとめ

公共料金の支払い利用に適したクレジットカードの選び方・条件まとめ

99view

2018.01.24

公共料金の支払いもクレジットカードで

定期的に支払わなければいけない公共料金。公共料金の支払いというと銀行口座からの引き落としやコンビニ払いが一般的ですが、実はクレジットカードでも支払いができることは意外と知られていません。公共料金のクレジットカード払いは便利なだけでなくお得なメリットがいっぱいです。支払う手間や負担を減らせる上に得もあるのならクレジットカード払いを選ばない理由はありません。

公共料金をクレジットカードで払うには

公共料金をクレジットカードで払うには、それぞれの支払先ごとに支払方法の変更をする必要があります。電気、ガス、水道、電話、ネットと契約している会社ごとにそれぞれ支払方法の変更手続きをする必要があるため最初は少し手間がかかりますが、切り替え完了後は自動的にクレジットカードから公共料金が支払われます。

支払方法に関しては特に制限はないため、ガス会社や電力会社でカード払いに関する審査が行われることも審査落ちすることもありません。

公共料金をクレジットカードで払うメリット

一括管理で負担額をしっかり把握

公共料金をクレジットカードで支払うと負担した金額はクレジットカードの利用明細に一本化されます。銀行口座からの引き落としだと通帳の記録のみで個別に明細などは発行されず、コンビニ払いは何枚もの伝票を自分で管理しないと公共料金の負担額がわからなくなってしまいます。

クレジットカード払いなら全ての公共料金をカード1枚で一括管理できるので毎月の負担額が一目でわかります。使いすぎもチェックしやすいので節約意識が芽生え、支払金額も合計額で把握できるので計算ミスが原因の支払日になってお金が足りないというトラブルも回避できます。

特に引っ越しで公共料金の支払先が変更になる場合、前の公共料金と新しい公共料金の請求が重なる時期はとても面倒です。コンビニ払いだと支払ったつもりで支払っていなかったということもありえます。クレジットカード払いなら一括管理できるので支払先が増えても安心です。

ポイントがためられる

クレジットカードには利用金額に応じてポイントが付与されるポイントプログラムが用意されています。ポイント付与の対象になるのはカードを利用した決済金額なので、公共料金をクレジットカードで支払えば金額に応じてポイントが加算されます。

公共料金は毎月一定水準の支払いが発生するのでポイント還元は無視できません。毎月の支払額が2万円でも1年で24万円、ポイント還元率が1%なら2400円相当のポイントが還元される計算になりちょっと豪華なランチを楽しめるくらい得します。

現在銀行口座で支払いをしているならクレジットカード払いに切り替えても手間や負担はほとんど変わりません。支払方法の切り替え手続きをするだけで何の努力もなくポイント還元分のメリットが生まれるのですから、クレジットカード払いを選ばない手はありません。

クレヒスの積み上げができる

クレジットカードの利用履歴はクレジットカードヒストリー略してクレヒスと呼ばれ、個人の信用を証明する重要な記録として扱われます。クレヒスはクレジットカードの利用金額を期日に遅れることなくきちんと返済した、という記録です。ローンを新たに組むときやクレジットカードを新しく申し込むときは個人の信用がチェックされますが、問題なく支払いをした実績を証明するクレヒスは信用を裏付けする証拠として機能します。

毎月定額の義務が発生する公共料金はクレヒスを積み上げるのに向いています。日常の買い物でクレジットカードを使うのに抵抗感がある方でも公共料金のクレジットカード払いなら抵抗なくクレヒスを積み上げられるでしょう。

クレヒスはすぐ役立つものではありませんが、優良な支払い実績を積み上げておけば絶対にムダにはなりません。必要に迫られてからクレヒスを積み上げることはできないので、公共料金の支払いでクレヒスを積み上げておけばいざというとき役立ちます。

支払日がずらせる

クレジットカード払いなら公共料金の支払日とカード代金の精算日をずらせます。毎月支払い義務が発生する公共料金では支払日のズレを活用した支払い先延ばしが有効なのは切り替えからの数カ月のみですが、支払日が差し迫っているのに手持ちのお金がない場合はクレジットカード払いによる支払日のズレが有利に働くでしょう。

カード割引の適用でお得

公共料金の種類によってはクレジットカード払いにすることで割引が適用されることがあります。料金のカード払いに加えて紙の明細書発行不要だと50円程度の割引が適用されます。年間で600円程度ですが支払先ごとに割引が適用されるので支払先が多ければ多いほどお得です。

公共料金の支払いに適したクレジットカードの選び方

ポイント還元率の高いカードを選ぶ

公共料金の支払い用クレジットカードの選び方としては、ポイント還元率の高いカードを選ぶのが基本です。クレジットカードのポイントは還元率がカードによって異なります。還元率の低いカードだと0.1%しか還元されませんが高いカードだと2%還元されるケースもあり単純に比較しても20倍もの開きがあります。

ポイントがためられるのは公共料金をカードで払う大きなメリットです。このメリットを最大限活かすためには高還元率のクレジットカードが圧倒的に有利なので、公共料金専用に新たにポイントをためやすいクレジットカードに申し込むのもいいでしょう。

支払先ごとに専用のクレジットカードを用意するのもいいでしょう。クレジットカードによっては特定の支払いに対して還元率がアップするものがあります。電力料金などは系列のクレジットカードを利用することでポイントの優待が適用されるので専用カードを作っても十分もとがとれるでしょう。

年会費をチェック

クレジットカードには年会費が無料のものと有料のものがあります。無料カードでも有料カードでも支払い機能に差はなくどちらでも公共料金支払いに使えるので、支払い用に作るなら無料カードでも十分です。

よく考える必要があるのが付帯サービスとのバランスです。ゴールドカードなど上位ランクに分類される有料カードは年会費負担は発生しますが一般カードよりも高いポイント還元率が適用されます。

年会費負担よりも公共料金の支払いでたまるポイントの上積みの方が高いのなら無料カードより有料カードのほうがお得なポイント還元が利用できます。基本は年会費無料のクレジットカードを検討しサービスがお得なら有料カードを検討すると公共料金支払いに向いたカードが見つけやすくなります。

利用上限に余裕をもたせる

クレジットカードには利用金額に上限が設けられており、上限に達してしまうとそれ以上カードで支払いできなくなります。公共料金の支払いだからといって優遇措置は設けられていません。支払い用のクレジットカードが利用限度額いっぱいになったまま支払日をむかえてしまうと公共料金の支払いは行われません。公共料金の支払いが遅れたまま放置すると電気やガスを止められてしまいます。

きちんと支払うためにも公共料金支払い用のクレジットカードは利用上限に余裕のあるものを選びましょう。上限額はカード会社によって設定されますが、キャッシング枠ゼロ円で申し込むとショッピング枠の上限が高めでも審査で不利にはなりません。

クレジットカード払いの注意点

審査に注意

公共料金支払い用に新たにクレジットカードを申し込む際は審査に注意してください。一度に複数枚のカードに申し込むと審査落ちの可能性が高まります。同時期に申し込まなくてもすでに何枚もカードを持っている場合は審査が厳しくなるでしょう。選び方としてはすでに複数枚カードを持っているなら手持ち優先、1〜2枚しかない場合はお得なカードを新しく申し込むというのがトラブルのない選び方です。

支払い遅れに注意

カード利用金額を期日までに支払わないとカードが利用停止になり全額一括返済を求められます。公共料金は基本的に一括払いのみなので分割による先延ばしはできません。公共料金以外の支払いも含め期日までに必ず支払いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る