このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 賢いクレジットカードの選び方|電子マネーでポイント2重取りする技

賢いクレジットカードの選び方|電子マネーでポイント2重取りする技

101view

2018.01.24

クレジットカードと電子マネーのお得な関係

クレジットカードがあるのに電子マネーは必要?

クレジットカードは現金なしで支払いができ、おつりのやり取りなどを省略できるという点でとても便利です。そのため、クレジットカードがあれば電子マネーは不要と考える人がいるかもしれません。ですが、それは間違いです。クレジットカードと違い、電子マネーはいつでもサイン不要で素早く利用できますし、自動販売機などクレジットカードが使えないところでも使えます。

そして、今回お伝えしたいのはクレジットカードと電子マネーを併用することでクレジットカードのポイントが二重取り可能でお得になるということです。お得さをクレジットカードの選び方の基準としている人には見逃せないポイントですよね。また、今回紹介するカードはいずれも一般カードであり、学生も発行可能な、審査の厳しくないものですので、安心して申し込むことができます。

ポイントの二重取りとは?

クレジットカードのポイントの二重取りとはどういうことなのかを解説します。まず、電子マネーにクレジットカードを利用してお金をチャージするとクレジットカードのポイントがたまります。これはクレジットカードを使って買い物をする、一般のケースと同じです。次に、チャージした電子マネーを使って買い物をすると電子マネーのポイントがたまります。これも、通常と同じ流れです。

各プロセスを取り出してみると、通常の流れと全く同じなのですが、3,000円の買物をするときに通常なら3,000円の買物に対応するポイントが1回付与されるだけで終わりであるのに対し、二重取りの場合はクレジットカードポイントでも電子マネーポイントでも3,000円の買物に対応するポイントがもらえる、という点にお得さがあります。

イオンカードセレクトがお得

イオン系を頻繁に利用する人にぴったり

イオンカードセレクトは流通大手のイオンが発行しているクレジットカードです。イオン等で使える電子マネーのWAONが付帯しています。イオンで頻繁に買い物をする人はイオンカードセレクトを通してWAONにチャージし、WAONで支払いをするのが最も賢いやり方だといえます。

WAONが利用できる店舗はイオンに限らず、大手コンビニやショッピングセンター、ドラッグストア、高速道路等にも及ぶため、イオンでそこまで買い物をしないという場合でも十分利益を享受できると思います。日常生活でコツコツポイントをためたい、というのがクレジットカード・電子マネーの選び方の基準の人におすすめです。

使いやすいシステムが付帯

オートチャージ機能がついているので、いちいちチャージ手続きをする必要がない、というのが便利なポイントです。電子マネーはチャージ残高を気にしなければならないのが面倒なポイントですが、オートチャージ機能があればクレジットカードと同じように使えます。ポイント倍率はWAONへのチャージで0.5%、WAONの利用で0.5%となっており、クレジットカード利用と電子マネー利用で別の種類のポイントではなく、同一のWAONポイントがたまります。

別の種類のポイントがたまる場合は管理が少し面倒なのでこれは嬉しいですね。WAONポイントはWAONへのチャージ等に使えます。気に入った交換アイテムがないクレジットカードは多いので、チャージして使ってしまえるというのは合理的です。日用品は意外とかなりの金額を買っているものなので、1%還元でもお得になりますね。

イオンカードセレクトの審査は厳しくないので、特にブラックリスト入りしているなどの事情がなければ問題なく入手可能です。オンライン申し込みから手元に届くまで10日ほどかかりますが、店頭で仮カードを即日発行してもらうことができるのですぐに利用可能です。思い立った時にすぐ手に入れられるのもうれしいポイントですね。

ビックカメラSuicaカードがお得

JRとビックカメラを頻繁に利用する人にぴったり

ビックカメラSuicaカードはビックカメラのポイントカードとして使えるほか、Suicaとしても使えます。ビックカメラはポイント還元率が高く、ポイントカードを持っていれば常に10%引きの恩恵を受けられるのでかなりお得です。また、特別なキャンペーンをよく開催していて特定の商品のポイント還元率がさらに高くなることもあるので、ポイントカードを持っていないと損をしてしまうくらいです。

ビックカメラSuicaカードはビックカメラで買い物をする人の必携カードだと思います。クレジットカードや電子マネーは普段よく行く店でさらにお得に買い物できるものがいい、という選び方の人にはぜひおすすめしたいです。ビックカメラSuicaカードにはSuica機能が付帯しています。こちらもオートチャージ機能がついています。改札で残高不足により止められる経験は良くあると思います。

他のどの電子マネーにも増して、交通系電子マネーの残高不足は煩わしいものです。同行者を待たせることになりますし、電車に乗り遅れてしまうかもしれません。そのため、Suicaのオートチャージ機能がついているというのはとても魅力的だと思います。

このカードも審査は緩やかで、店頭での即日発行も可能です。少し大きい買い物をしようと思い立ってビックカメラに行ったときにすぐ発行してそのまま買い物でき、かなりのポイントを獲得できるというのは魅力的ですね。

ポイントがどのようにつくのか

ビックカメラSuicaカードの場合、ビックポイントとVIEWサンクスポイントに分かれており、ポイントの付き方が少し複雑なので分けて説明します。ビックポイントはビックカメラでの買い物で付与されます。原則10%ですが、倍率は場合によってまちまちです。VIEWサンクスポイントはSuicaへのチャージで付与されます。こちらは1.5%の倍率です。

ビックカメラでの買い物にチャージしたSuicaを用いることができ、このときは10%のビックポイントがたまります。つまり、チャージしたSuicaによる買い物が一番お得で、この場合は11.5%の還元率となります。ためたビックポイントはSuicaチャージも可能なので、交通機関をよく利用する人にはうれしいですね。

楽天Edyがお得

どこでも使えるものを持っておきたいという人にぴったり

楽天Edyは大手コンビニ全て、大手書店、家電量販店など幅広く利用可能な電子マネーです。特に強いフィールドがあるわけではないのですが、逆にどこでも使えることが強みだと思います。

買い物が特定の分野に偏るわけでもなく、特定の店限定のポイントカードを作っても枚数が増える一方、ポイントをなかなかためられなくて困っているという人は多いと思います。いろいろな店舗に1枚で対応できる、という選び方をする人にはぜひおすすめしたい電子マネーです。

楽天Edyへのチャージがお得なクレジットカード

楽天Edyはあくまで電子マネーで、クレジットカードではありません。様々なクレジットカードからチャージすることが可能です。チャージするときにポイントが付くクレジットカードなのかということには留意が必要です。クレジットカードの例としては、楽天カードは楽天Edyと相性が良く、楽天カードと楽天Edyの一体型のカードもあります。その他に、ここでおすすめしたいのはリクルートカードです。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%です。リクルートカードで楽天Edyをチャージして利用すると還元率は1.7%まで上がります。これは他のカードと比べてもかなりの高率だと思います。多くのクレジットカードは1,000ポイント単位など、大口でしかポイントを利用できませんが、1ポイント単位からポイント利用可能という点がリクルートカードの魅力です。

楽天カードであってもリクルートカードであっても学生のうちから申し込み可能な、審査の緩やかなカードです。汎用性の高い電子マネーでポイントをお得に貯めるには楽天Edyを検討してみてはどうでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る