このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 初めてのクレジットカードの選び方 年会費無料と有料のどちらが得か

初めてのクレジットカードの選び方 年会費無料と有料のどちらが得か

118view

2018.01.24

年会費無料のクレジットカードのメリットとデメリット

年会費無料のクレジットカードのメリット

  • 費用がかからない
  • ETCカードも無料で作れるものもある
  • 家族カードも無料で作れるものもある
  • 即日発行されるものもある

初めてクレジットカードを作る際にあまりに多いその種類にどのカードにするかという選び方に悩むものですが、その中でも特に迷うのが年会費の有無についてです。

同じカードなら年会費無料のほうが良いのですが、本当に無料のものでよいのか、年会費有料のものにはどのようなメリットがあるのか気になるところです。

とりあえず初めての場合には年会費無料のクレジットカードを作れば、一切お金はかかりませんので、損をすることはありません。

ただより怖いものはないということわざもありますが、ことクレジットカードに関しては使いすぎない限りは損することはありませんので心配はありません。

年会費無料のクレジットカードには多くのメリットがありますが、費用がかからないということ以外にも。ETCカードや家族カードまで無料で作れるものも多くあります。

また、年会費無料の場合には利用限度額も少額なものが多く、その分だけ審査時間も短くなり、中には即日発行されるものもあるので、急ぎでクレジットカードを作る必要があるときには大変助かります。

利用するというはっきりとした目的がないケースで、とりあえずクレジットカードを作るという時には年会費無料のものの中からという選び方が良いでしょう。

年会費無料のクレジットカードのデメリット

  • ポイント還元率など付帯サービスが劣る
  • 利用限度額が少ないものが多い
  • 金利も有料と比べると高い

年会費無料のクレジットカードは、使わない場合や少額しか利用しない限りはデメリットを感じることはありませんが、使う額が増えてくると徐々にデメリットを感じるようになります。

まず、最大のデメリットとなるのが、年会費有料のものに比べると付帯しているサービスが劣るという点です。

人気のポイント還元についても還元率は低いものがほとんどですし、金利などのコストも有料のものに比べると高く、利用限度額についても制限される傾向にあります。

さらに、クレジットカードで人気の海外旅行時の保険などについても付帯していないものがほとんどで、空港ラウンジなどを無料で利用できるという特典がついているものもほとんどありません。

年会費有料のクレジットカードのメリットとデメリット

年会費有料のクレジットカードのメリット

  • ポイント還元率が高い
  • 付帯サービスが優れている
  • ステータス性のあるものもある

年会費有料のクレジットカードは、利用すればするほどメリットを感じることになりますので、利用する目的がはっきりしている場合には大変有利になります。

まず、年会費無料のものに比べると、ポイント還元率が高くなるというメリットがあり、人気の航空会社のマイルを収集している人などには非常に重宝されることになります。

また、無料のものにはない豪華な付帯サービスがついているものも多く、年会費が高くなるほどレベルも高くなり、国内外の空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行時の保険も高額な保険が付帯しているものもあります。

また、利用限度額や金利についても優遇されることになり、そのための厳しい審査を通っているという利用者の信頼度が高くなるステータス性を感じさせるクレジットカードもあります。

年会費有料のクレジットカードのデメリット

利用しないと損することになる

有料なだけに、年会費無料のものと比べると非常に多くのメリットがあるのですが、最大のデメリットは利用しない場合に発生します。

利用しなければデメリットはないのが年会費無料のクレジットカードですが、有料のものの場合には利用しないと高い年会費だけを支払っているだけということになります。

また、豪華な付帯サービスも利用しなければ何の役にも立ちません。

年会費の有無で審査に違いはあるのか

年会費無料のクレジットカードの審査

年会費が無料の場合には利用限度額が少ないものも多く、特に初めて利用するというケースでは利用限度額は制限されますので比較的審査は通りやすくなります。

年会費無料のものでも、利用実績を積み重ねて信頼性が増していけば徐々に利用限度額はアップすることになりますが、実際に利用場面が増えてくるとかえって有料の場合のほうがお得になるケースが増えてきます。

消費者金融系や流通系のクレジットカードの中には、カードを即日発行するところも多くありますが、この場合には利用限度額などを制限することで審査時間も短くなっています。

初めてのクレジットカードで審査が心配な場合には、年会費無料のものからという選び方も検討してみるとよいでしょう。

年会費有料のクレジットカードの審査

年会費有料のクレジットカードの場合には、コストを支払ってまでクレジットカードを発行する人ということで、一定額以上の利用を前提として審査も行われます。

従って、利用限度額も高くなっているものも多く審査も無料のものと比べると厳しくなります。

また、同じ年会費有料のものでも、普通のものよりもゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとレベルが上がるにつれて、高額利用の割合も高くなりますので審査もより厳しくなることになります。

ただし、プラチナカードやブラックカードについては、多くのケースで誰でも申し込めるものではなく、既に利用実績が優れているカード利用者に対してインビテーションが行われますので、その点では半ば審査は終わっているとも考えてよいでしょう。

初めてクレジットカードを作る人の場合には、一般的には年会費無料のものほど審査には通りやすく、有料のものほど厳しくなる傾向にあると考えておきましょう。

年会費有料のクレジットカードのステータス性について

クレジットカードのステータス性って

初めてクレジットカードを申し込む人の場合には、年会費の高額なクレジットカードを申し込むことにどんなメリットがあるのか理解しにくい面も多いと思いますが、有料のカードの選び方には様々な目的が伴います。

最も多いのは、航空会社のマイルなどを収集している人で、ポイント還元を目的として、支払いにはできるだけカード払いを選択し、そのためにコストを支払ってもポイント還元率の高いクレジットカードを選択しています。

同様に、年会費の高いクレジットカードで、最大レベルのブラックカードを呼ばれるクレジットカードの場合には、所有していることでステータスとなることもあります。

特に、海外の超有名カード会社のブラックカードともなると、普通の人ではまず審査に通らないというか、申し込むことさえできませんので、所有していること自体がステータスと考えられます。

厳しい審査に通過したという証

ブラックカードともなると年会費が10万円以上というものが多くなりますので、初めての利用者から考えると誰が申し込むのという感じもするのでしょうが、カードのステータス性を重視する場合にはこのような選び方もあるのです。

世の中には年間で数百万以上もの支払いをカード払いで行っている人も多く、その場合には付帯されているサービス次第では、プラチナカードやブラックカードのほうがお得感があるケースが多くなります。

また、何より厳しい審査を通過している証にもなり、さらにこれまでの利用実績で信頼を積み重ねてきているという証にもなりますので、高い年会費を支払ってでも十分ペイするだけのメリットを感じることになるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る