このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 こんな人にオススメ!ゴールドカードに向いている3つのタイプ

こんな人にオススメ!ゴールドカードに向いている3つのタイプ

98view

2018.01.24

クレジットカードで決済する金額が多い

日常生活でクレジットカードを利用する機会が多く決済金額が高額になる人はゴールドカードに向いています。ゴールドカードは使えば使うほど、決済金額が高額になるほど得をするので、普段から現金よりもクレジットカードを使う機会が多い人は年会費を支払ってもゴールドカードを作るメリットはあるでしょう。

ポイント還元でお得

クレジットカードには利用金額に応じてポイントが付与されるカード会社独自のポイントプログラムが用意されています。ポイントの還元率はカード会社によって異なりますが、レギュラーランクのカードとゴールドカードではゴールドカードのほうがポイント還元率が高く設定されています。

ゴールドカードはレギュラーランクカードより1%程度ポイント還元率が高く設定されているので、アップするポイント数が年会費を上回るのであれば確実にゴールドカードを申し込んだほうが得をする計算になります。

ゴールドカードの年会費が1万円だとすると1%のポイントが年会費を上回るのに必要な決済金額は100万円です。これは1カ月に換算すると平均で8〜9万円という金額になります。ショッピングだけでなく家賃や公共料金、税金などの支払いもポイント付与対象になるのですべての支払いをクレジットカードに一本化すれば年会費をポイントで賄うのはそれほど難しい話ではありません。

利用限度額が上がる

クレジットカードには利用限度額が設定されています。審査に通過してつくったばかりのカードだと限度額は20〜30万円ですが、時が立つごとに徐々に利用限度額は引き上げられていきます。レギュラーランクのカードだと利用限度額は100〜150万円で頭打ちになってしまい、それ以上の金額にはなかなか引き上げてもらえません。

100〜150万円は十分な数字に思えるかもしれませんが、家賃や光熱費などすべての支払いをカードに一本化している人は案外すぐに限度額に達してしまう金額です。限度額に達してしまうとそれ以上カードが使えなくなってしまうため、カード払いの家賃や光熱費の支払いに失敗してしまう恐れがあります。

ゴールドカードは一般的な傾向としてレギュラーランクカードより限度額が高めです。レギュラーランクの最高水準にあたる100〜150万円というのが限度額の最低ラインとなり、信用を積み重ねていけば300〜500万円程度まで限度額は拡大できます。

海外出張の立て替え払いなど高額の支払いが続くような人にとって、急に支払いが必要になったときに対応できる限度額が高額なゴールドカードはとても頼もしい存在です。使いすぎの懸念さえ解決できれば限度額が高額であるデメリットはありません。

ガソリン価格がゴールドカード会員特別価格に

自家用車をお持ちの方はガソリン代をクレジットカードで支払うとお得な特別価格で給油できます。1リットルあたりレギュラーランクでも2円程度値引きされますが、ゴールドカードだとさらに値引き額は高額になります。ゴールドカードのガソリン割引は1リットルあたり4〜8円、年間給油によっては最大で40円もの大幅割引が適用されるカードもあります。

ガソリン値引きを重視した選び方としては、石油会社系のクレジットカードの中から年間走行距離を計算して最もお得な割引率になるカードを作るのが正しい選び方です。メインの移動手段が自動車で、給油する機会の多い方は給油専用にゴールドカードを作っても十分もとがとれるでしょう。

外食やレジャーに出かける回数が多い

外食やレジャーに出かける回数が多い人もゴールドカード向きです。ゴールドカードには外食やレジャーでお得になる特別サービスが多数用意されています。回数が多いほどより大きな恩恵に与れるでしょう。

割引サービスでお得

カード会社と提携しているレストランやレジャー施設ではゴールド会員限定で特別割引を適用しています。利用代金の3〜5%の割引が適用されるので利用しない手はありません。対象となる施設は国内外の有名レストランや人気レジャー施設が中心なので利用しやすく、ゴールドカードで支払いをするだけで割引になるので負担もありません。

ゴールドカード限定サービスがある

ゴールドカード限定サービスを利用することで外食やレジャーがより素晴らしい物になります。会員限定のスペシャルメニューの提供や観劇やスポーツ観戦チケットの優先予約、会員限定の特別招待枠などゴールドカードを持っているだけでお得で便利なサービスを利用できます。

海外旅行に頻繁に行く

ゴールドカードが真価を発揮するのが海外旅行です。レギュラーランクのクレジットカードでも海外旅行では大活躍しますが、ゴールドカードならさらに便利に活躍して海外旅行を快適なものにしてくれます。海外旅行のためだけにゴールドカードを作っても十分もとが取れる充実度なので、旅行に行く機会が多く審査に通過できるなら、旅行前にゴールドカードを作っておきましょう。

優先予約と割引

ゴールドカードがあると航空券予約で有利です。航空会社系のゴールドカードは航空券予約で優先枠が適用され、通常の方法で申し込むよりもチケットを取れる確率が高くなります。座席予約だけでなくパックツアーやキャンセル待ちでも優先枠は適用されるので、天候不順などで予定していた飛行機が飛ばず帰りの便をキャンセル待ちで確保しなくてはいけないようなときにとても有利です。

優先予約だけでなく料金面でもお得です。指定のゴールドカードで決済すると航空券料金が5〜10%割引されます。その他の割引サービスと併用できるので海外旅行に行く機会が多いほどお得です。

専用ラウンジで乗り換えの負担を楽に

世界各国の主要空港にはゴールド会員限定の専用ラウンジが設けられています。自由に飲食できる軽食や飲み物サービスや新聞雑誌は読み放題、スマホの充電や高速ネット回線なども利用できる快適なラウンジが、ゴールドカードを持っていると自由に使えます。乗り換えで混みあう一般ラウンジから離れて、快適な専用ラウンジで時間を過ごせば負担の大きい乗り換えも快適です。

付帯旅行保険で万一のトラブルも安心

クレジットカードには付帯旅行保険が用意されています。ゴールドカードは付帯旅行保険の保障内容がレギュラーランクよりも充実しており、海外でケガや病気で医療機関を受診しても医療費をカバーできるだけの保険金額が用意されています。あらためて保険料を支払う必要はありませんが、カード会員であれば自動適用されるタイプとカードで旅行代金を支払う必要があるタイプがあるので旅行代金の支払方法に注意して選ぶのが正しい選び方です。

ゴールドカードに向かないタイプ

お得なサービス満載のゴールドカードですが全ての人にオススメというわけではありません。中にはゴールドに向かずレギュラーランクでも十分な人もいます。無駄に年会費を払わないよう注意しましょう。

クレジットカードは最低限しか使わない

クレジットカードは年数回のネットショッピングくらいにしか使わない、というような最低限しか使わない人はゴールドカードに不向きです。お得なポイント還元もレストランの割引サービスもほとんど使う機会がないので年会費に見合うメリットが期待できません。

属性が弱い

属性が弱く審査に落ちる可能性がある人も不向きです。ゴールドカードの審査はレギュラーランクよりも基準が厳しく、属性が弱いと審査落ちする可能性があります。招待型のゴールドカードについては属性が弱く基準を満たしていなければ審査落ちどころか申し込みすらできません。審査の甘いゴールドカードを狙うという選び方もありますが、あまり無理してゴールドカードを作っても活用は難しいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る