このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 クレジットカード払いか現金払いか、その選択方法は?

クレジットカード払いか現金払いか、その選択方法は?

118view

2018.01.24

クレジットカードの審査とは

申し込み内容があっているか

まずは基本的な審査の内容として、申し込みをしたその書面の内容が事実とあっているかという点です。住所が間違っていたり電話番号が間違っていたりすると、クレジットカード会社によっては再度確認をして欲しいと郵送で申込書を送り返してくるところもありますが、すべてのカード会社がそうであるとは限りません。

申し込み内容があっていることは前提条件ではありますが、意外とこの段階で記載ミスをして審査に通らなかったという経験をしている人が多いのです。

このようなことで審査に通過しなかったというのは、クレジットカードが欲しい人にとってはとても些細なミスです。表現は悪いかもしれませんが、「不審な人物」として信用できない人と認識される場合があります。こうなってしまうと、そのカード会社では後日審査を受けたとしても、通過しにくくなる可能性が高くなります。

基本的なことではありますが、嘘をついていると誤解されないためにも、記載した申し込み内容は必ずチェックし、誤りがあればその場ですぐに訂正するようにしましょう。

そうすることで、単純なミスで審査に通過しなかったという理由が原因の場合は、簡単に審査に通過してクレジットカードを所持することができます。また、修正をしなければいけないからといってもう一度申込用紙の申請をしたとしてもそれが審査に与える影響はありません。

信用情報とのチェック

クレジットカード会社は、自社の信用情報データを持っており、その情報を照会することでカード決済をしてもその代金を支払う能力があるかどうかを判断します。この信用情報、実はある程度個人で調べることができます。

本人の情報であれば、例えばなかなかクレジットカードの審査に通過しないとなった場合、何が原因なのかを知ることができるのです。これは、カードの審査だけではなく銀行の借り入れの際の審査などにも活用されており、こちらも自分で確認することができます。

もし、なかなか審査に通過しないときは、その対策方法として一度自分には何において信用がないのかを知っておくことも一つです。

これを知っておけば、どの部分でマークされていて自分が審査を通過しなかったのかを知ることができ、今度はその部分を改善することでクレジットカードの審査に通過できるようになります。

人による審査も行う場合がある

これは、審査情報だけではなかなか確信が持てない場合にのみ行います。例えば、職場や自宅に電話がかかってきて、実際に在職しているか、自宅に間違いはないかなどの確認です。カード会社の信用情報が更新されていない場合であったり、そこには登録されていない新たな情報が申し込みにより判明した場合には、このような調査が行われます。

その住所やその職場にはいるけれど、たまたま外出しているといった場合には、再度連絡がもらえることがほとんどですが、最近はその電話がかかってくる時間帯をある程度の範囲まで指定することができるところもあります。こういった方法を利用することで、「いつ電話がかかってくるのだろう」と外出を控えるようなことをしなくてもいいようになります。

買い物にはどちらがお得?クレジットカードと現金の選び方

ガソリン代の支払いにはクレジットカードがお得

ガソリンスタンドによっては、その会社のクレジットカードを利用することでリッターあたりの価格をさらに安くするところがあります。そういった場合は、現金で給油を行うよりもカードの方がお得に給油をすることができます。

また、利用する回数や金額によってさらに割引が受けられるという特典を備えているものもありますので、賢く利用すればそれだけお財布にも優しいということができます。そしてさらに、日常的に車を利用しているといった人の場合でも、値引きの特典やポイントの還元も受けやすくなります。

毎日使えるようなカードはポイントがたまりやすい

クレジットカードも、その会社独自のポイントがたまるものがほとんどです。毎日の買い物で利用できるものがあればポイントもたまりやすくなります。

独自のポイントの活用方法はクレジットカードの種類によって様々ですが、代表的なものには1ポイントいくらという形で、料金額から値引きできる方法もあれば、飛行機などのマイルに変更できるものもあります。

どの会社のクレジットカードを選ぶかは、個人によって自由ですが、できればこういった特典の多いもの、特典の選択肢が多様にありより自分に合ったものを選ぶことができるものの方が、得をした気分になりやすいのでしょう。

仮に、日常の生活費でもクレジットカードが利用できるというのであれば、現金で支払うということはせずにクレジットカード一本で支払をすればすぐにポイントをためることができます。

そもそもクレジットカードとポイントカードどちらを選択?その選び方とは

クレジットカードのポイントと、現金払いのポイントカード、どちらを利用する方がよりポイントの還元率がいいのでしょうか。

最近はポイントカードであっても、自分が所持しているクレジットカードと併用できるものが多く出てきています。

クレジットカードとポイントカード、どちらを選ぶかというよりは、どういった条件の下で利用できるのかという点で選ぶ方がいいのではないでしょうか。

なぜなら、クレジットカードの枚数が増加すれば、それだけ支払いをする際の管理をしなければいけないカードが増えるということになります。

もちろん、決まって引き落としがある公共料金についてはA社カードのみで、他のことには利用しないというのであれば、複数のカード会社のカードを所持していても問題はないのかもしれません。

しかし、通常の買い物で複数のカードを利用していたのでは、そもそもカード会社のポイントもバラバラに付くためなかなかたまらなくなってしまい、気が付けばポイントが少しずつ消滅していくといった結果を招きかねません。

せっかく貯めたポイントも、そうやって何もせずになくなってしまっていくようでは非常にもったいないということになります。

こういった事態を防ぐためにも、あまり複数のカードを所持するようなことは避け、利用する際はできるだけ1種類のカードにまとめてポイントがたまりやすいようにしておくことが、賢くためて賢く利用するコツだということがわかります。

クレジットカードの審査にもし通過しなかった時は

クレジットカードの審査に通過しなかったからといえ、必ずしも社会的信用がないのかといえばそうではありません。理由は申込書の記載ミスもあれば、実際に支払能力がないと判断された場合もあります。

ただし、審査に落ちたその理由をカード会社が教えてくれることはありません。一度審査に通過しなくても、その会社以外のカード会社の審査であれば通過するといったことも珍しいことではありません。

もしクレジットカードのブランドや会社にこだわりがないのであれば、一度審査を通過しなかったカード会社と違うところの審査を受けてみることもおすすめします。信用情報に関しては、更新時期を除きほぼ同じデータを確認しているといえますが、クレジットカード会社の独自の基準というものもあります。

この独自の基準が、一般的によく言われている「審査に通りやすい」や「審査に通りにくい」といったものになります

もちろん、法的に規制されている決まりはありますが、それ以外は独自の会社でのルールですから、A社がだめでもB社なら通過するということは普通にあり得る話なのです。

一度目の審査でもし通過しなかったとしても再度違う会社でチャレンジして通過すれば、それは社会的信用がないのではなく、単純にカード会社の審査基準が原因なのです。

そういったカード会社の選び方もポイントになってきます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る